こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

「ところてん」の味付け

関東は「酢じょうゆ」などが一般的、関西では「黒みつ」をかける

 

f:id:masaruozeki:20170524205634j:plain

関東では酢じょうゆにからしなどでさっぱり食べるのが一般的です。

 

江戸では地方から上京した単身の男性が多く、そばを好むなど粋(いき)な食文化が発展。

甘い味付けよりも、酢じょうゆのところてん文化が残ったのではないかと言われています。

 

 

f:id:masaruozeki:20170524205656j:plain

関西では「黒みつ」をかけて食べるのが一般的です。

くずきりと同じでスイーツとして食べる感覚が大きいようです。

 

 

ところてんが大陸から日本に伝わったのは奈良時代から平安時代初期。

当初は専らからし酢をかけた食べ方で、うまみを増すためにしょうゆを足す味付けが全国に広がったそうです。

 

しかし、奈良、京都といった当時の都の周辺では同時期、中国から輸入された砂糖が貴族の間で流行していたので、風味の濃いところてんに合うように、砂糖を使って作る黒蜜で甘みを足す食べ方が生まれたのではないか、と言われています。

 

 

「お雑煮」

関東は「醤油ベース」、関西は「味噌仕立て」

  

f:id:masaruozeki:20170523180643j:plain

関東で一般的になっている雑煮は醤油仕立ての汁に一度焼いたお餅を入れ、紅白のかまぼこや大根、人参を入れれば関東風のお雑煮の完成です。

お餅は切り餅を使い、そのルーツは現代にも言えることなのですが江戸には人口が密集していて手で丸くしなければならない丸もちよりも四角く切った切り餅の方が調理の効率がいいから。と言われています。

 

f:id:masaruozeki:20170523180701j:plain

関西地方では白味噌ベースの汁に「円満」の意味を持つ丸もちが一般的で、具材も大きめに切るので関東のお雑煮と比べると大きな違いがあります。

奈良では豆腐やコンニャクを入れお餅にはきな粉を付けて食べるといった風変わりなお雑煮もあるそうで、「豊作」の願いが込められているようです。

「イカ焼き」といえば

関東では「イカの丸焼き」、関西では「粉もん」の一種

 

 

 「イカ焼き」と聞いて何をイメージするかは、関東と関西でまったく違います。

関東ではイカそのものの丸焼きですが、関西ではお好み焼きに似た「粉もん」の一種で、イカのゲソと小麦粉ベースの生地を2枚の鉄板でプレスして焼き上げたものです。

 

f:id:masaruozeki:20170520205216j:plain

お酒の肴として好まれる関東のイカ焼きは、醤油のこげる香ばしいにおいが食欲をそそる一品です。

 

 

f:id:masaruozeki:20170520205256j:plain

 

名物のたこ焼きやお好み焼と並び称される3大粉もんとして認知度も人気も高い関西ファーストフードの代表格です。

なお関西では、関東の「イカ焼き」は区別するために「イカの姿焼き」と呼ばれることが多いようです。

関西のイカ焼きは昭和30年代頃の大阪が発祥地で、関東のイカ焼き同様、屋台などで販売されていたそうです。

ところが専門店が大手デパートのスナック売り場に出店されたことで爆発的に普及し、「早い」「安い」「旨い」がウリで行列ができる人気店も登場しました。

大阪には色々な具材をトッピングするイカ焼き店が多数あり、千切りキャベツ、キムチ、焼きそば、チーズやお餅などそれぞれ工夫を凝らしております。

 

 

「カップ焼きそば」の勢力

関東は、まるか食品の「ぺヤング」が人気、関西は、日清食品の「U.F.O.」が人気

 

f:id:masaruozeki:20170519065443j:plain

 

 

 

関東でカップ焼きそばといえば、まるか食品の「ペヤング」が断トツに人気です。

今では全国的に発売されていますが、昔は関東にしか売ってなく、地方から出てきたユーザーは「ペヤングが何か解らなった」って話しもあります。

一時は虫の混入の事件で引退も危ぶまれましたが見事に復活し、その人気の高さからリニューアルされ、発売が再開されてからは一時店頭でも品切れが続出したそうです。

 

ちなみに、まるか食品がある群馬では、特にペヤングは人気があるそうです。

 

 

 

f:id:masaruozeki:20170519065457j:plain

 

一方、関西で絶大なる人気を誇るのが日清食品の「焼きそばU.F.O.」。

関西でカップ焼きそばは?と聞けば殆どのユーザーが「UFO」と答えるほど人気の商品となっております。

ちなみにUFOは未確認飛行物体のUFOからではなく「うまい(U)ふとい(F)おいしい(O)」からUFOと名付けられたそうです。

 

 まるか食品は群馬、日清食品は大阪が創業の地で、それぞれの地域に根付いていると思われます。

 

※参考

地域によって普及している商品が異なるカップ焼きそばですが、最も多くの人が"定番"として回答したのは「日清焼そばU.F.O.」(47.5%)でした。

大阪府奈良県広島県など西日本出身の人から多く挙げられました。

次に多かったのは「ペヤングソースやきそば」(29.8%)です。

「U.F.O.」とは対照的に東京都や神奈川県など関東圏出身の人々から多く名前が挙がり、「関東圏ではペヤングが一番なじみがある」などの声も多いでした。

 

f:id:masaruozeki:20170519071102j:plain

「どん兵衛」のスープ

関東は「かつおだし」、関西は「昆布だし」がベース 

f:id:masaruozeki:20170518064945j:plain

容器の(E)(W)に注目

 

 

日清食品のカップ麺「どん兵衛」は、東日本ではかつおダシをベースにした濃口醤油仕立てのスープ、西日本では 昆布ダシをベースにした薄口醤油仕立てのスープ、となっております。

 

フタと本体に小さく(E)と(W)の文字が入っており、EはEast(東)、WはWest(西)を意味します。

 

※余談

<北海道限定どん兵衛というのもある>

北海道の千歳工場で製造されている道産利尻昆布を使用したどん兵衛があります。

表記は(H)です。

f:id:masaruozeki:20170518070924j:plain

「たまごサンド」の違い

関東では「たまごサラダ」をパンにはさむ、関西では「厚焼きたまご」をパンにはさむ

 

f:id:masaruozeki:20170517070840j:plain

 

関東では一般的にゆで卵をほぐしてマヨネーズと塩コショウで味付けした「たまごサラダ」をパンに挟んだものをいいます。 

 

 

f:id:masaruozeki:20170517070857j:plain

 

一方、関西では「分厚く焼き上げたたまご焼き」をパンにはさむタイプが多く見受けられます。

 

なかでも数年前に惜しまれつつも閉店した京都の「コロナ」という喫茶店の卵サンドは、厚み10センチ近く。

f:id:masaruozeki:20170517093722j:plain

 

この卵サンドのために行列ができるほど圧倒的な人気を誇り、今では後継のお店がこの味を守り続けています。


そんな京都だけでなく大阪・神戸などでも、たまごサンドといえば厚いオムレツや、時にはだし巻き卵を挟んだ卵サンドが登場しております。


実は京都はパンの消費量日本一、神戸や大阪は喫茶店文化が根強く、そして全体的に関西の人はボリュームのあるものが好まれおります。

食パンでも4枚切り、5枚切りの厚さを好む「分厚いもの好き」の文化のせいかも知れません。

ふわふわのパンに、溢れんばかりの分厚い卵焼きを挟み込む。

一見くどく感じられますが、意外にその味わいは癖になるのでしょう。

 

このような「大阪風タマゴサンド」の発祥は、どうやら明治時代までさかのぼるらしい。

貿易港として外国人が多く逗留していた神戸を中心に、関西地方ではいち早く喫茶店の出店が相次ぎ、独自の「喫茶店文化」を築いたといいます。

その中で提供されていたメニューの1つが、オムレツを挟んだタマゴサンドでした。

現在でも、古き良き関西の喫茶店ではこの関西風タマゴサンドが提供されている所が多いようです。

 

 

 

 ※余談

 大阪「天のや」のたまごサンドの「たまご」は、甘味処で出していた雑炊の出しを使った出し巻卵。

辛子マヨネーズがピリッときいて、やわらかいパンとの相性がいいらしい。

歌舞伎役者にも贔屓にされ、卵→うまれると連想されることから「アイデアがうまれる」として企画会議のお弁当にも重宝されているとか。

f:id:masaruozeki:20170517090125j:plain

 

「お稲荷さん」のかたち

関東の「俵型」に対して関西は「さんかく」

  

f:id:masaruozeki:20170516120440j:plain

 

関東のお稲荷さんの形と言ったら俵型。

俵型の酢飯に揚げがスッポリ包まっているこの形が主流です。

米俵を模写した形、稲荷寿司はお稲荷さん(きつね)の好物、油揚げを使っているので、そのまま稲荷寿司となったようです。

 

 

f:id:masaruozeki:20170516120915j:plain

 関西風は京都の伏見稲荷が発祥と言われています。

きつねの耳や伏見稲荷大社のある稲荷山のかたちを模したものとされています。

関西方面に多い稲荷寿司は写真の様に具が酢飯だけではなく、五目飯やひじき飯など入れるのが特徴です。

 

ちなみに全国にお稲荷さんが奉られているところは3万社にもなるとされております。

そして、江戸時代には、江戸で良く見るものとしてこんな言葉まで残されています。

「火事喧嘩 伊勢屋 稲荷に犬の糞」!


こんな感じで江戸時代から全国に無数にお稲荷さんは祭られております。