こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

「エスカレーター」の立つ位置

「関東」は左側、「関西」は右側

エスカレーターに乗る際、関東では左側に、関西では右側に立つのが基本です。

もう片側は、歩いて急ぐ人のために空けておきます。

これは、東西でくっきり出る違いの定番です。

f:id:masaruozeki:20170508213830j:plain

この理由はいろいろあるようですが、一般的に言われているのが

大阪では1970年の万博の際に、マナー向上の意味も含めて

「右に並ぶこと」

と並び方が統一されたからだと言われています。

 

このとき右側に立つようになったのは

ヨーロッパやアメリカを参考にしたから

という説が一般的となっております。

f:id:masaruozeki:20170508212909j:plain

*1

f:id:masaruozeki:20170508212914j:plain

*2

 

では、関東が左寄りである理由は何なのでしょう。

 

こちらも諸説ありますが、一番当てはまる説は

道路交通法で人は

「右側通行」

が原則とされていること。

 

普段道を歩くときは右側通行だから

エスカレーターも右を歩こう」という

自然な流れ゛そうなったのではないでしょうか。

 

参考までに、アンケートによる調査データを見たところ、四国や九州など、大阪よりもさらに西のエリアについては多くの人が「左側」に立つという結果が出ました。

 

f:id:masaruozeki:20170508213420j:plain

 日本国内では、関東型(左側)が多くても、国際基準が関西型(右側)なのには驚きですね。

 

 

 

 

*1:イギリスのエスカレーターの様子。整然と右側に並んで利用している

*2:イギリスのエスカレーターの立ち位置に関するポスター