こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

「お寿司」といえば

関東では「江戸前寿司」、関西では「押寿司(箱寿司)」

 

f:id:masaruozeki:20170512174128j:plain

江戸前寿司」と呼ばれるようになったのは、江戸の前方にあたる海、つまり当時の東京湾で獲れた魚で握ることが由来しています。

現在で言うにぎり寿司のことを指す江戸前寿司は、今のように冷蔵庫や冷凍庫といった保管庫がない時代、保存をしやすいように仕上げる工夫がされていました。

 

その工夫とは、魚介類が新鮮な内に塩や酢で締めたり、タレに漬け込んで煮たりする「仕事」を施し、生の状態よりも旨味を凝縮させる方法です。

 

 

f:id:masaruozeki:20170512174233j:plain

関西の寿司は、木箱に酢締めにした魚、酢飯を詰めて押して作ることから「押し寿司(箱寿司)」とも呼ばれています。

 

完成した寿司を切った形が江戸時代にできた握り寿司の原型であり、にぎり寿司のようなシャリの上にネタが乗っている形とは異なります。

関西の寿司は保存を主体とするため、江戸前寿司に比べて砂糖を多く使います。そして江戸前寿司は余分な酸味を蒸発させるために、酢とご飯を合わせた後うちわや扇風機などで急激に冷ましますが、関西の寿司は酢をしみ込ませるために、ゆっくりと冷まします。