こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

「きつね」「たぬき」の違い

関西には「きつねそば」と「たぬきうどん」は存在しない

 

f:id:masaruozeki:20170513180214j:plain

 

 一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすをのせたそば・うどんを「たぬき」と呼びます。

一方、大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げののったそばになる。

きつねそば、たぬきうどんはあまり見かけない。

 

 

 

実はきつねうどんの発祥は大阪にあるとされております。

船場にある1893年(明治26年)創業のうさみ亭マツバヤだそうです。

3代目店主の宇佐美芳宏さんによれば

「最初は『こんこんうどん』と呼んでいたようですよ。」

 

初代はすし屋で修業を積み、うどん屋で独立し、いなりずしをヒントにかけうどんと皿にのせた油揚げを別々に出したのが始まりだったとのこと。

 

そのうちお客さんが油揚げをうどんに直接のせて食べるようになり、商人の街・船場で大ヒット。

いつの間にか「きつねうどん」と呼ばれ、全国に広がっていったとみられております。

 

f:id:masaruozeki:20170513180432j:plain

次はたぬき。

たぬきが生まれたのは江戸時代の終わり、関西より関東が先だったようです。

最初はイカのかき揚げをそばにのせていたようですが、関東ではごま油で揚げるので衣が黒っぽくなる、その茶色がかった濃い色が「たぬき」を連想させ、名前の由来になったとのこと。

ところが関東発のたぬきそばは、なぜか関西で広まらなかったのです。

そのうち「きつねがうどんなら、たぬきはそばのことだろう」との発想で、油揚げがのったそばを「たぬき」と呼ぶようになった、とする説が根強い。