こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

「すき焼き」の作り方

関東風すき焼きは「割り下」が命、関西風すき焼きは「焼く」というプロセスに重きが置かれている

f:id:masaruozeki:20170524211548j:plain

関東では、先に鍋に割り下(合わせ調味料)を入れ、肉と野菜を入れて一緒に「煮る」調理法が主流です。

 

鍋でいっぺんに煮る関東風は、関東大震災あたりまでは“すき焼き”ではなく“牛鍋”と呼ばれていたそうです。

 

 

f:id:masaruozeki:20170524211603j:plain

関西では、牛肉を焼いてから、醤油や砂糖などで味付けして野菜を入れる「焼く」調理法が一般的となっています。

 

ちなみに“すき焼き”の語源は、江戸時代、農民が農耕具の鋤(すき)の上で肉を焼いて食べたことが始まりだと言われています。

それが本当なら、最初に肉を焼いてから食べる関西風のすき焼きが正統派だと言えそうです。