こんなに違う!? 「関東」と「関西」の違い

びっくりしてしまいそうな、関東と関西の違いを集めてみました。文化や言葉、そして人柄まで!違うことばかりで驚いてしまいます。

関東は「今川焼」、関西は「回転焼」

首都圏「今川」、関西「回転」の傾向が顕著

f:id:masaruozeki:20171106203055j:plain

 小麦粉の生地の中に餡(あん)を入れてこんがり焼いた和菓子は全国で様々な呼び名があります。
首都圏は「今川焼き」が強く、関西は「回転焼き」が主流。
ただ、首都圏と関西を除く地域では「大判焼き」が主流だった。

 

f:id:masaruozeki:20171106203309j:plain

 

地方別の傾向を見ると、北海道と北東北は「おやき」で、南東北と茨城は「大判焼き」。

首都圏は「今川焼き」が強く、東海は「大判焼き」でした。

滋賀を除く関西は「回転焼き」で、広島は「二重焼き」がトップ。

それ以外の中国・四国地方は「大判焼き」が優勢、九州は「回転焼き」を支持する人が多いでした。

 

 

 

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!